スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

どうも。

最終更新:7/13「スクランブルキューブ考察」完成
記事が見たい方は下へどうぞ


まあね、本当ははたむランドの移転先にするはずだったんですが。

いろいろありまして。



テクニックに関することのみに絞って書いていくことにしました。

はたむランドのそういう記事も転載していきます。


許可が出れば、他のサイトの記事も載せさせていただこうかと。

というか、皆さんにテクニックやらに関することを書いて頂いて、それを載せるという形式も考えています。
まあこれは希望者が現れれば、の話ですが。

というわけで、ほんとに時々ですが更新していこうと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2020-05-06 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

スクランブルキューブ考察


パズル的考察のほうは、まあ多分ねくた~いさんとか書いてくれるでしょう。
ということで、スピードソルビング的考察をやりたいと思います。


【注意】
・ネタバレを含みます。自力で解きたい人、買っていない人などは見ないほうがいいです。
・あくまで速く揃えることを考えたときの考察です。


では、続きからどうぞ。

続きを読む

2010-07-13 : その他のパズル : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

3×3 タイプ別レビュー

-はたむランドより転載、一部追記あり-

オススメ度の基準の説明。「買うべきか否か」で評価をしています。
・・・ぜひ買ってみるべし!
・・・買ったほうがいいと思います。
・・・買う価値がないわけではない。
・・・特に特徴などもなく、わざわざ買う価値は無いかと。
・・・買ってはいけない



・名前は「Type」などは省略。キューブが判別できるレベルまで省略しています。
・名前の後についている括弧は持っているキューブの色です。
・リンク先はC4Uの商品紹介の場所です。
・キューブによって当たりはずれがあり、またこれは私の独断と偏見によって書かれたものであることを念頭に置いてください。



・ストアキューブ
当たりはずれがかなり大きく、なんとも言えない。speedcubingしたいならSCKを買いなさい。
オススメ度・・・

・SCK
海外のキューブに比べてかなり値段が高い。実は意外と使えたりする。愛好者も多い。だがオススメはしない。
オススメ度・・・

・joy (黒)
ガラガラしつつもしっとりした感じ。POP率が高め。バネが非常に硬いのでMIXとかしたら面白いことになりそう。
オススメ度・・・

・Edison (黒)
ちょっと重量は重い。回転も軽いとは言いがたい。だが引っ掛かりがかなり少ない。
欠点が少なく、優等生キューブといえる。
オススメ度・・・


AⅠ (白)
至って普通。程よい重量と回し心地。ただほんの少しだが引っかかりもあるので、多少の回しこみは必要。
なんだかんだ言って現在サブメイン。
余談だが白素体にC4Uシールはかなり見づらいので注意。濃いめのシールを用意した方がいいかも。
オススメ度・・・

AⅡ (黒)
結構軽く、引っ掛かりがほとんどない。ガラガラという回し心地。サイズが他のものより若干小さいのも自分的にはメリット。
回す音が大きいので電車の中などでは注意。現在のメイン。
オススメ度・・・

AⅢ-F (白)
とりあえず重量が軽い!回転も軽め。
全体的に角ばった感じ。少し引っ掛かりがある。
地味にかなり値段が高い。
オススメ度・・・

・AⅤ
回転が軽い。その分締めないと回しにくいが、角はかなり丸めてあるので90度で回す技術があれば問題なし?
好みに個人差が大きいが、いいキューブであるのは間違いないと思う。
とりあえず買ってだめだと思えばMemory化すればいいし。
オススメ度・・・


・A-Memory
AVの角をさらに削ったもの。
まあさすがに値段が違いすぎるので買わないでしょう。
でも、AVから引っ掛かりが減少します。自分で削りましょう。というか、削ってないAVは正直微妙・・・
オススメ度・・・(作るなら)



・B (青)
かつてのメイン。かなり最初の方から使えた記憶がある。
残念ながら現在は購入できない。

・CⅠ (黒)
結構軽い回転。なぜか知らんが回転時の乾いた感じがシリコンを入れても取れない。C2よりセンターが角ばっていて引っかかりがある。
残念ながら現在は購入できない。再販を待つべし。
オススメ度・・・

CⅠDIY (グレー)
・・・どうやらハズレを拾ってしまったらしい。センターがきつくてもゆるくてもいけない。
引っかかりも多い。
でもキュービストからの評価は高いのでオススメ。triboxで買えるしね。
オススメ度・・・

CⅡ (黒)
非常にぬめぬめしている。岡さんとか好きそうな感じ。
引っかかりは少ない。close inらしいといえばらしい。
回転が重めなので、A5とかF2とか軽すぎるとか言う人はこれもオススメ。結構安いし。
オススメ度・・・

DⅠ (黒)
4色キューブに使ってしまったが、悪いわけではない。
最初はバリっぽい感じがあったが、シリコン漬けにして放置したらなぜか良くなった。
シールが独特の材質で、剥がす時に粘着質が残りやすいので注意。
オススメ度・・・

DⅡ (白)
軽いしいいのだが如何せんTypeDは特徴に欠ける。
バリっぽい感じが取れず、現在は使ってない。慣らせばかなり使えそうではあるが。
白素体だと白のシールは黒になっている。
オススメ度・・・

FⅡ (黒)
安モン臭いが軽いし引っかかりも少ない。スルッスルする。
海外配色な上、指が滑りやすいのでシールの張替えはほぼ必須。パッケージのオッサンがウザイ
オススメ度・・・

C4U NIB (黒)
とにかく軽いのだが、全体的に角ばっているせいで引っ掛かりが多い。あまりお勧めはしない。
オススメ度・・・

C4U DIY (陶)
NIBと似ているが、少し重く少し引っ掛かりが少ない。でもまだまだ引っかかりは多い。
オススメ度・・・

DS通常
安い。軽い。引っかかる。
オススメ度・・・

DS 45mm
さらに安い。さらに軽い。引っかかる。
センターの蓋が取れやすい。持ち運びに適しまくり。
印刷シールのため、傷がつくと色がはげる。
オススメ度・・・

CⅠ 50mm
CⅠをそのまま小さくした感じ。小さすぎてspeedcubingには向かない。持ち運びには非常に良い。
オススメ度・・・



終わった・・・・
記事が途中で2度も消えるというアクシデントの中、どうにかやりきりました。
誰かの参考になれば喜ばしい限りです。
2010-05-09 : JCCC : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

ミラーブロックス 21.03sec

-はたむランドからの転載記事です-

画質汚っ!



やっとですが。


一応今やってるMethodを説明しときます。

クロス面は最も大きいところからです。
クロスはもちろん読みます。
基本的に大きいパーツから揃えていきます。(小さいパーツはペアを揃える間に探します。)
F2Lフツーに使います。
回すのはゆっくりなので、F2Lも読んでいきます。
OLLは特にいうことはありません。
n5とn6の判断はすぐわかるようになります。飛び出かたが同じなのがF5です。
n11と12はややこしいです。普段は気にならない「交換になっているコーナーの間のエッジ」も「揃っている」判定になってしまうので一瞬「ん!?」っとなりますがそのうち慣れます。
回しこむとヒジョーにガッスガスというかスカスカになってくるので(ほとんどバネが無いため)リラックスして回します。(硬くても同じようにリキむと回せないので、やっぱりリラックスするのが大事です。)

長いな・・・

明日テストが帰ってくるのか。どうでもいいけど。w
2010-05-09 : ミラブロ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

利き手

-はたむランドからの転載記事です-

OHには「利き手と逆」を使うと良い、という認識が広まっています。(少なくとも昔はそうでした)
理由を聞いてみると、多くの人が「左手はホールドする手なので安定する」と言います。


「左手は」・・・


僕は左利きですがキューブは左手でホールドしてますよ。

大体ネットに上がっている殆どの手順は右手で回すものなので、わざわざ最初から左に変えようなどとは考えが及びませんし、そうしたこともありません。
キューブの世界においては全ての人間が「右利き」である、と言っても過言ではないと思います。
ですから、「利き手と逆」と言うのはそういう意味では間違いではありませんが、OHに向いているのは「左手」ということになると思います。



しかし。

僕はOHは右手派です。
まあこれも最初は「利き手と逆がよい」という認識があったからなんですが。

僕としては右手の方が、キューブに慣れている人間としては器用に扱えますし、よっぽど右の握力に自信のない人間でない限りは右手でもいいんじゃないかと思います。

左手で親指のF面弾き上げやダブルトリガーは訓練しない限りほとんどの人間が出来ないと思います。
事実左利きの僕もほとんど出来ません。
そのような指使いをする手順がネット上に存在していないからです。


さて、話を戻しましょう。(?)
実際のところ、「両手の回し方」と「片手の回し方」は全く似て非なるものです。
最初の方は、当時sub15だった私でも全く話になりませんでした。
ですが、回しているうちにだんだんと「片手の回し方」がわかってくるものなのです。
これは恐らく利き手(もともとの利き手とキューブの利き手両方)には関係なくそうなるのだと思います。


結論としては、「どっちでもいい」ということになると思います。


(OHに右手を使った場合「OLLやPLLの手順をいつもと左右対称にしないと使えない」という大きなデメリットがある、ということを一応書いておきます。)


まあ、これを記事にしたのは「キューブで両手を全く同じように使えたらどれほど有利か」を考えての話だったのですが。

両利きだとLLの多くが完全左右対称に出来ますからかなり有利だと思います。

というわけで昨日から左手でもOHをやっているのですよ。
効果のほどは不明ですが、やってみる価値はあると思います。
2010-05-09 : OH : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
大阪在住。高校2年生。

詳しくははたむランドで確認してください。


質問、感想、要望など受け付けています。
コメントもしくは下のメールフォームからお願いします。

-今後の更新予定-
・マルチクロスの考察修正
・33以外のレビュー
・33レビューのリンク修正
・キューブ用語集
・sub15とsub10の違い
・キューブページ、キューブログの紹介

カウンターですがなにか?

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。